11月, 2014

車のサスペンション

ずっと大切にしてきた車ですが、最近、明らかにサスペンションが抜けてきているのが分かるようになりました。新車で買った頃にはこんなことを感じることもなく、しっかりと安定感のある走りを楽しむことができたのですが、やはりどんなにいいものでも古くなってくると厳しいということなんでしょうかね。 Read the rest of this entry »

3年ごとに新車に乗り換える

私も妻も車が大好きなので3年ごとに新車に乗り換えることにしています。
Read the rest of this entry »

坂道発進の練習

皆さんは、自動車の教習所で車の免許を取るときに、坂道発進に苦労しましたか?坂道発進と言えば、自動車の教習所では必ず練習する項目ですよね。
Read the rest of this entry »

修理代が予想外に高いとき

毎日自動車事故は数多く発生していますが、あまり個人的には関係がないと思う人も多いですよね。

実際、車の修理といっても、ちょっと擦ったとか、壁に少しあてて凹ませた・・その程度のケースが多いでしょう。

少しまともに他の車などと衝突をした場合など、どれくらいの修理代がかかるか見当もつかない人も少なくはありません。

では、実際どれくらいが目安なのでしょう?

フロントバンパーを交換する、ボンネットも浮いてる、という状態であれば2、30万円程度、フレームにゆがみがあるくらいなら50万程度でしょうか。

最近の車は、衝撃を吸収する意味で、軽く当たるだけでも派手に壊れます。

昔のように板金叩いて・・なんで修理はあまりなく、パーツ交換というのが主流なわけですが、そのためかやはり金額ははってきます。

相手がある事故で、過失がそれなりに取れているなら良いのですが、まともに修理代を被る場合は大変です。

修理するか、買い替えるかなんて悩みまで発展することもよくあるのですね。

派手に壊れた車になると、気持ち的にもう愛着が薄れて交換したい、なんて人も結構いますよね。

車の買取を業者に頼む場合などは、事故車専門の買取業者なんてのもありますので、覚えておくといざというときには役に立つかもしれませんね。

【PR】事故車買取サービス

車は維持するのが大変

車はマイホームの次に大きな買い物ですが、買ったあとに維持するもの大変です。
Read the rest of this entry »

車内の状態も査定のポイント

車を売るときに査定をしますが、そのときの車内の状態も大切なポイントになりますよ。査定の前には洗車を丁寧にするのは大切ですが、車内も大切にしたいですね。いつも大切に車に乗っていれば車内もきれいに保てますが、雑に扱っていると車内も汚れやすくなるものです。 Read the rest of this entry »

遂に廃車か?

ここにきて、車が壊れてしまいました。
今年はボーナスも期待できそうにない状況ですから、全くお金に余裕が無いのに困ったな。
今回の故障は、車のエアコンを入れるとエンジンが止まってしまうような状況に陥るというものです。
なんでも、結構手間がかかるくらいの故障になっているそうで、持ってこられても修理はすぐにはできないと言われてしまったんです。
しばらく車を預かってもらって、部品を取り寄せてから修理をするということなのですが、車なしでの生活ができる場所ではないのでとにかく厳しいです。 Read the rest of this entry »

日々の点検と手入れがおすすめ

車をより長くいい状態に保つには日々の小さな手入れと点検を欠かさないことが大切です。それが長く乗るほどにあとで大きな差となってきますよ。とは言ってもそんなに大変なことはなくて手軽にできることばかりですよ。 Read the rest of this entry »

査定を下げないためにも日常点検しよう

普段行っているタイヤの点検は、空気圧と溝の高さだけという人がほとんどだと思いますが、それ以外の点検は実施しなくても良いのでしょうか?自動車教習所で習うこともあり、空気圧が不足したときの高速走行におけるタイヤのバースト、溝が低くなることで雨を逃がすところがなくなってハイドロプレーニングが起こることを良く理解しているからこそ、空気圧や溝の大切さがわかっている人が多いです。 Read the rest of this entry »

修復歴は隠さない

車を売るときに修復歴があるとどうしても不利になるから隠したくなってしまいますよね。でも、そういう不利なときでも決して隠してはいけませんよ。査定する人は年間で数多くの査定をしているプロになるから隠してもバレてしまいます。むしろ隠したことで他にも良くないことを隠しているんではないかと疑われてしまうから、より査定も厳しく見られてしまいます。 Read the rest of this entry »