査定を下げないためにも日常点検しよう

普段行っているタイヤの点検は、空気圧と溝の高さだけという人がほとんどだと思いますが、それ以外の点検は実施しなくても良いのでしょうか?自動車教習所で習うこともあり、空気圧が不足したときの高速走行におけるタイヤのバースト、溝が低くなることで雨を逃がすところがなくなってハイドロプレーニングが起こることを良く理解しているからこそ、空気圧や溝の大切さがわかっている人が多いです。

毎日長距離走行している人は、この2点を集中して確認していれば良いです。しかし、週末ドライバーのように走行距離が短い人は、これら2点の点検のほかに全体的な劣化にも注意することが必要です。具体的には、タイヤの外側と内側の側面にひび割れやキズがついていないかどうか、タイヤの溝自体が硬くなっていないかどうか、クギなどの異物が刺さっていないかどうかなどをチェックします。タイヤはゴム製品なので、外に置いておくだけで風雨や紫外線などによって劣化して硬くなります。タイヤが硬くなると、乗り心地が悪くなる、雨の日のブレーキ性能が悪くなるなどの影響がでてきます。車買取 評判

コメントをどうぞ