経済性は軽自動車が圧勝

軽自動車とは排気量660cc以下の3輪及び4輪自動車の事をさします
日本国内の自動車の分類中では最も規格が小さいものになります
元々は昭和24年に初めて軽自動車の規格が制定され軽自動車の歴史が始まりました
当時の規格は長さ280cm以下、幅100cm以下、高さ200cm以下で今よりもずっと小さなものでした。
その後規格の改正を繰り返し平成10年に現在の軽自動車の規格になりました
現在の規格は長さ340cm以下、幅148cm以下、高さ200cm以下になっています

今国内で最も売れているのが軽自動車と言われています。新車、中古車に限らず人気があります。その要因は経済性、小回り、そして小さいくせに居住性もよく性能も高いという点です。
更に税金も普通車と比べるとかなり安くなっています。排気量によって金額の増減がある自動車税ですが、普通車で最も安いのは34500円、それに対して軽自動車は7200円
明らかに安いのがわかると思います。そして車検の時に支払う自動車重量税は普通車で最も安い車で16400円に対し軽自動車は6600円で済んでしまいます。
普通車との経済的な差は明らかですね。更にこれにガソリン代も含めて考えればかなり大きな違いになるでしょう
国土の面積も狭く、更に少子高齢化が進む日本ではこれからも経済的にも、行動的にも気軽に乗れる軽自動車人気は衰えることはないでしょう
普通車 買取

コメントをどうぞ