車のライトの色

自動車のライトの色って、皆さん意識したことがありますか?自動車のライトの色は法律で細かく定められているので、違う色に公開したりすることなどはできません。

例えば、夜の道路を走っていると、自分が走っている車線は赤いランプばっかり見えますが、対向車線は白いランプばっかりが言えることがお分かりでしょう。これは、赤いランプは後ろだけ、白いランプは進む方向だけにしかつけられないと言う法律があるからです。

白いランプは当然ですがヘッドライトに使われています。つまり車の前の方を表しています。ブレーキのランプは赤色です。つまり後ろの車が見えるようになっているということです。バックランプは後ろについていますが、白色ですが、これは後ろに進んでくる時に点灯するからです。

車の運転になれた人であれば、赤いランプがつけば、前の車が止まろうとしている、白いランプが見えれば別の車がこちらに向かってきている、というのが一目でわかります。そのように、車のランプの色を統一させることによって、より安全を確保していると言うわけなんです。しかし最近ではこのランプの色、かっこいいからという理由で、青い色のランプなど、違った色のランプに交換している人がいます。これではとてもややこしくなるので、運転に危険が生じると言うことなわけです。

そのランプがなぜその色をしているのか、そういうことを考えればいかに重要かわかりますよね。
タウ 口コミ

コメントをどうぞ