ボディーカラーや車のパーツで査定額はアップするのか? 

自動車を売買する時に意外に重要なのが、ボディーカラーやパーツです。車種は同じでもこれらの違いで査定金額に差がついてしまう事も多いでしょう。たとえばボディーカラーで人気なのがブラックやホワイトです。定番カラーであり、性別年齢問わず愛用され易いカラーだからではないでしょうか。そのため、黒や白系の車は通常よりも査定金額が高くなる場合が多いです。逆に緑や青は選ぶ人が少ないので安くなってしまう場合も多いでしょう。パーツについても評価が分かれます。エアロパーツやアルミホイール、ターボエンジンなどさまざまなパーツがありますよね。これらが付属していると差額がアップする事は多いです。しかしコア過ぎるパーツや過剰なパーツは逆にマイナスになってしまう可能性もあるので注意が必要です。使い勝手が良いパーツが付属していれば、査定金額がアップすると考えて下さい。車の買取金額は、車種、年式、走行距離で基本的なことが決まります。しかしそれ以外にも査定金額を左右する項目は沢山あることを知ったうえで、車の査定に出して下さい。

コメントをどうぞ