車の寿命

車の寿命というのは日本では一般的に、10年、10万キロといわれることが多いものです。
それでは、この時期が来ると本当に自動車というのは駄目になってしまうのかというと、そのようなことはなく手入れさえすればここから何年も何万キロも走り続けることは可能となっています。
特に信頼性の高い、日本の自動車の場合海外では何年も前のもので何十万キロと走行しているものもたくさんあるのです。
それではなぜ日本ではこの10年、10万キロを目安に寿命といわれているのかというとこの時期に差し掛かるとあちこちの消耗品を交換する時期になり、それには何十万円とお金がかかることになってしまいます。
何十万円とかかっても整備をすればそこから、また同じぐらい乗ることができるのですが日本のように状態の良い車が溢れている国では、整備のために何十万円とお金を払うよりjは乗り換えた方がよいと考える人が多いので、その結果いくらでも乗れるにもかかわらず10年、10万キロが寿命といわれているのです。車の寿命というのは日本では一般的に、10年、10万キロといわれることが多いものです。

ヴェルファイア新古車の賢い買い方は?

コメントをどうぞ