中古軽自動車は古くても廃車にしてはいけない

最近何かついでがあると中古車販売店に並んでいる車を見たりします。
どんな中古車がどの程度の価格で販売されているのかを展示場を流しながら眺めて回るのがすきなのです。
そんな時いつも感心するのが軽自動車の値段の高さです。

絶対額が高いというのではなく、年式や走行距離殻見ればちょっと高すぎるのではという感じですね。
10年以上経った軽自動車が30万円とか40万円近くで売りに出されているのです。
仮に中間マージンを20万円としてみれば、こんな古い軽自動車でも10万円や20万円の買取査定額になるということですね。
最近は「中抜き商法」が広がり中間マージンも小さくなっているそうですから、状態がよければもっと高い買取額も期待できるかもしれません。

新車の軽自動車の売れ行きが大変好調のようですが、中古軽自動車の需要もとても多いということが中古車販売店で実感できます。
軽自動車の性能、耐久性が上がっていて、むしろ値段が手ごろな10年もの、走行10万キロものなどの方が良く売れるのかもしれません。
需要の多い軽自動車は古くなっても廃車にしてはいけないとつくづく思います。
軽自動車を処分するならどんなに古くても車一括査定を試してみるべきですね。

コメントをどうぞ