11年もの、10万キロ超えの車に値段が付いた

平成16年(2004年)式で11年物、走行距離10万6千キロという、高年式で多走行の車を新車購入のために売りに出すことにしました。
車はホンダのオデッセイですが、10年以上乗っている車でしかも走行距離も10万キロを超えていますので、ネットなどで買取の事例を調べてもほとんどが5万円以下の査定額です。

ディーラーからは下取りにするなら「6万円」と言われました。
そこで、せっかくの機会ですので、前から一度やってみたいと思っていた車の一括査定に申し込んでみました。
こんな古い車で一括査定ひとつだけでは連絡が来るのかどうか不安だったので、二つの一括査定に申し込んでみました。

その結果、連絡が来て訪問査定をした買取店は全国展開の業者が2店、地元大手の業者が1店の計3業者。
11年もの、10万キロ超えの車なのに3社、スバルのディーラーも含めれば4社の査定競争のようになりました。
1店ずつ査定してもらったのですが、後出しじゃんけんのように順番が後の業者ほど1万円ずつ査定額が上がり、結果的に売却額は9万円に。
欲しかったオプション部品がほとんど買える程度の査定となりました。

各業者の話の様子だと、どうも具体的なバックオーダーのような話があり、買取額にマージンを載せて直接売却するような感じを受けました。
業者オークションに出す前提だったらほとんど値段が付かなかったかもしれません。
「中抜き商法」とか言うそうですが、直売りだからこの程度の値段が付けれたのかも知れませんね。

コメントをどうぞ